株式会社ふる市場 森林開発事業部

森林開発事業

株式会社ふる市場は日本の森林が国土面積の約70%を占める世界有数の森林大国であることを念頭に、建築材や紙パルプとしての活用はもちろん、水源の涵養(かんよう)や土砂災害の防止など、森林からさまざまな恩恵を受けてきたことをふまえ、今からの未来に向けて森林開発事業に取り組みます。

山林売買のご相談は株式会社ふる市場 森林開発事業部までお気軽に!

森林開発事業

株式会社ふる市場森林開発事業部では、専門業者による買い取り、第三者への売買、企業向け販売などの方法により、お客様が所有する山林の売買・仲介業務を行います。

山林の価格は、土地と立木をそれぞれ別途で査定し、合算した金額を提示いたします。

土地については地目や接道状況・傾斜などを考慮し、立木については樹種、樹齢、手入れ状況などを調査した上で、市場の木材価格を参考に算出します。

山林を購入される際の仲介手数料は、販売価格に含まれております。

その他必要経費は、所有権を移転登記する際に支払う司法書士手数料と印紙代が必要です、印紙代は取引金額によって定められています。

山林の事前調査や境界線の確定が必要となる場合は、別途調査料を頂戴します。

費用は山林の状況等によって変動するので、まずはお問い合わせ下さい。

山林の売却をご希望される場合は、事前の査定が必要です。

まずは対象となる山林の「登記簿謄本」もしくは「固定資産税の通知書」をご用意の上でお問い合わせ下さい。

森林簿、林班図、字図等があればありがたいです。

登記簿謄本には住所などの地番と現在の所有者、「山林」「原野」「雑種地」などの地目が記載されており、法務局で取得できます。

固定資産税の通知書は、山林所有者の方に毎年送られてきます。

山林売買のご相談は株式会社ふる市場

森林開発事業部までお気軽にご連絡ください。

ページのトップへ戻る